基礎学力アップコース

科目:国・算・理・社・英
「中学受験ではなく、高校受験で勝負したい!」というお子様のためのコースです。

基礎学力養成の過程で、反復・継続することの重要性と家庭学習の習慣づけも指導していきます。

中学受験をしないお子様に最適な質と量をご提供し、来たる高校受験に向けての「土台づくり」をすることが目的です。

(※進学教室 浜学園テキストは使用いたしません)

中学受験指導コース 小1~小6

科目:国・算・理・社
国私立中学受験を志望するお子様のためのコースです。

現在、国私立小学校に通っており、受験はしないものの「一段レベルの高い学習」を望んでいらっしゃる方も対象となります。

また、進学教室 浜学園テキストは、諸規定に則り使用が可能です。

最難関中学受験指導コース

科目:国・算・理・社
最難関中学受験のためのコースです。

所定の規定に則り、進学教室 浜学園の最高レベル特訓コースのテキストを使用することも可能です。

※浜学園生への指導内容は、進学教室 浜学園の授業内容のフォローが中心です。

国語特訓講座「国語のいろは」

【三学期制】
国語の力をつけることは、単に国語という一科目のみならず、算数、理科、社会、英語など、すべての学力を向上させるうえで欠かせません。
ところが国語力を一朝一夕に身につけるのは非常に難しく、低学年のうちから正しい知識と読解スキルを習得することが最も大切と言われています。
「国語のいろは」は、特に小学校低学年向けに開発された国語力の養成講座です。

その特長は・・・

1.説明文以上に物語文に重点を置いています。つまり、場面想像することに思考力を働かせる姿勢の構築を目指します。

2.読み取りとともに表現力を養います。想像した場面を絵に描いたり、話の続きを考えて書いたり、子供がもともと持っている表現力を引き出します。

3.知識を学び、それを使って定着させます。主語・述語、係り受け、品詞など、文法の基礎を学びます。短文作りなどを通じ、学んだ知識を使うことで定着させます。

国語グレードアップ講座「記述」コース

【通年開講】
本コースでは、まず5〜10行の短い文章を用いた「例題」で記述の基本的なスキルを学びます。
その後5行以上20行以内の文章を用いた「基本問題」を10題ほど解き、記述のスキルを定着させていきます。最後に20行以上の「演習問題」を解いて、定着度を確認します。

指導単元は、「指示語」・「理由」・「内容説明」・「心情」の4単元で、各単元4回に分かれております。

小5と小6の大きな違いとしましては、小5では各単元の3回目に虫食い形式の記述問題に取り組み、応用力の養成を目指します。変わった形式の記述問題に取り組むことで応用力を磨いていくことが可能です。
小6では、入試頻出の主題・テーマの文章を毎回取り扱って記述のスキルを磨いていきます。じっくりと記述力を身につけていきたい方におすすめのコースです。

国語グレードアップ講座「記号選択・ぬき出し」コース

【通年開講】
入試頻出の記号選択・ぬき出し問題は確実に得点したい問題です。そこで本コースでは、記号選択問題やぬき出し問題を様々な形式で出題し、問題攻略のテクニックを学んでいただきます。

1回目に「記号」、2回目に「ぬき出し」3回目に記号選択問題とぬき出し問題のどちらも含めた「総合」の単元という構成にしております。

各回、短い文章で基本的なテクニックを繰り返し練習し、最後に長文で定着度を確認する流れになっております。短期間で記号選択問題やぬき出し問題攻略のノウハウを学びたい方におすすめのコースです。

国語グレードアップ講座「作文」コース

【通年開講】
近年、知識の暗記だけでなく、課題を発掘し、その課題解決のための意見を表現できる力が求められる風潮があります。
このコースでは、資料を正しく読み取った上で、論理的かつ正確に表現するスキルを学んでいきます。
また、テーマ作文を書いていく上での論理の組み立て方や推敲の精度を高める練習もしていきます。

1回目に「文章読解」、2回目に「資料分析」、3回目に「敬語・手紙文」、4回目に「意見文」の全4回の構成です。

基礎的な語彙・文法力、読解力、作成力をバランスよく習得できます。国公立中学や自己推薦作文がある私立中学の受験をお考えの方におすすめのコースです。

小6『算数スキルアップ講座』

【前期・後期制】
難関中学合格を勝ち取るための重要単元別算数講座です。

中学入試の頻出問題を精選し、受講後すぐに力を発揮できることを目的とした教材を使用します。来る中学入試に向けて、入試の基礎レベルを十分に習得したい方、できるだけ実践的な問題を取り組みたい方、普段の学習だけでは物足りない方などを対象とした講座です。

実施単元

【前期:5・6月】
割合Ⅰ(食塩水)、割合Ⅱ(商売)、速さⅠ(基本~旅人算、通過算、グラフの問題)、速さⅡ(時計算・流水算・点移動)、平面図形(相似・面積)

【後期:10・11月】
立体図形(体積・表面積・切り口)、図形の移動、水問題、場合の数、数の性質と規則性)

『奈良女子大附属中対策講座』

科目:表現Ⅰ(国・社)・表現Ⅱ(算・理)
【前期・後期制】 Hamax西大寺にて開講
近年、人気が高まっている国公立中ですが、その中でも奈良県下で人気の高い奈良女子大附属中の受検を志望される方に向けた講座です。

この学校の受検生には「日々の学習によって積み重ねてきた思考力を基に、自分の考えや意見を論理立てて説明する力」が要求されます。

これは私立中入試のように解答のみを答えれば良いというわけにはいきません。例えば、表現Ⅰ(国・社融合問題)では通常の知識問題や文章読解に加え、グラフデータや一定のテーマに従った意見陳述を問われます。また表現Ⅱ(算・理融合問題)では解答の際に、途中の式の過程や説明の部分を重視した配点となっています。こうした「解答の記述法」のトレーニングは集団形式の授業ではなかなか実施するのが難しく、また問題形式も私立中入試とは一線を画しますので、個別指導ならではの手厚さと柔軟性を活かした対策授業をご提供いたします。

なお「基礎学力の定着」が前提となったカリキュラムとなっておりますので、基礎学力を学ぶための内容と併用することでより効果的になります。受講に関しては、表現Ⅰ・表現Ⅱのどちらか一方だけでも可能です。教材に関しましては、過去問の傾向分析結果から作成した、独自の教材を使用いたします。