生徒1人に対して講師1人の形態です。

2対1指導とは異なり、講義主体の受講スタイル、または生徒が予習をしてきたうえで、演習を入れない解説中心の受講スタイルが可能です。

基礎学力の養成、最難関校受験を目的とした学習、集団指導形態の進学塾の授業復習などに有効です。

生徒2人に対して講師1人の形態です。

片方の生徒を指導している間、もう片方の生徒は、講師に依存せず、問題を自力で解く訓練をします。

生徒が2人であっても、2人同時に同内容の講義をするのではなく、教材・カリキュラム・指導方法・進度は、個別に対応することを原則としています。
(※場合によっては、2人同時に同内容の講義を行うこともあります)

【指導パターン】
・同教科同学年
・同教科異学年
・異教科同学年
・異教科異学年

個別指導なら、苦手分野に的を絞った学習が可能。

担当講師が「なぜわからないか」を把握し、その生徒の理解度に合わせて学習を進めます。

それぞれの目的に合わせてご提案した学習カリキュラムをもとに授業を実施します。

一人ひとりに合わせた内容と進度を常に確認し、理解が定着してから先へ進みます。

「引っ込み思案な性格だから……」「他にもたくさん習い事をしているから……」などお子様によって抱える事情は十人十色。

そのような諸事情を考慮した上で、お子様にピッタリ合った学習スタイルで進めてゆきます。

映像カリキュラム『Assistプログラム』 は、集団授業の録画映像ではなく、個別指導の受講感覚に近い映像授業です。

教室長が個別に授業ごとの学習スケジュールを作成し、その日の課題が終了するまでしっかり管理するので、対人指導での学習よりハードな学習に取り組むことになります。
また映像授業を視聴して分からないところはチューターにどんどん質問できます。
※チューターとは、生徒の学習姿勢の管理、質問受け、学習助言、確認テストの採点など各生徒の学習全般を補佐する教務スタッフのことです。

講師に依存することなく、生徒自ら情報を収集できる学習環境で学習し、教室長による徹底したサポートを受けることで『自立した学習姿勢の構築』を促します。

自分の専用ブースで、月曜日~土曜日何度でも※映像授業をご受講できます!!
もちろん自宅に帰宅してからも何度でも視聴できます!
※受講科目数に応じてスタッフと相談の上、来塾するスケジュールを決めます。最低限来塾する日数規定を設けています